妊娠線クリームおすすめランキング

ストレッチクリーム -AFC-の特徴

AFCのマタニティクリームはお腹にできてしまったデコボコの線に使用できます。
ボディークリームはベタベタするのが苦手…という人も多いですが、AFCのマタニティクリームはさらっとした使用感なので、べたつかない点が喜ばれています。

国産のクリームなので、日本の製品の方が安心できる!という方におすすめです。葉酸を配合しており、ネロリの香りが心地よい無添加のクリームです。

■アロマの香りだからオイルの臭いが苦手な人も安心!
香料や着色料、鉱物油などすべて無添加なので妊娠中でも産後でも肌に優しいものを使用したいという時期にも安心して使用できます。

■まずは無料サンプルで試せます!
お試し3g×2回分のサンプルを無料で貰えるので一度試してみてから注文したいという人は申し込みしてみることをおすすめします。
妊娠線や肉割れ線は長期間の繰り返しのケアが大切なので、サンプル品では香りや使用感を試してみて、それから数ヶ月間繰り返して使用することが重要です。

■内容量・価格
1本あたり120gで約1ヶ月分となっています。
1本 3034円 送料無料で配送してくれます。

価格 評価 備考
3024円 評価5 送料無料

NOCOR(ノコア)アフターボディトリートメントクリームの特徴

すでにできてしまった肉割れにも使えるボディークリームです。
全身のスキンケアにはもちろん、妊娠中でも利用できます。

■時間が経ってしまった肉割れや妊娠線にはオイルセットがおすすめ!
出産を終えてから長期間経ってしまった妊娠線や、長年残ってしまっていいる肉割れ線にはノコアクリームに加えて、ブースターオイルの浸透ケアセットがおすすめです。

■単品・各セットの価格
ノコアクリームは1本当り内容量150gで約1ヶ月から1ヶ月半使用できます。
・2本セット
2本セットの場合、通常12,960円のところ、12,460円で購入できます。送料無料になるので更にお得です。
・3本セット
3本セットの場合は、通常19,440円ですが17,440円で購入できます。こちらも送料無料で配送してくれます。
・ノコアクリーム&ブースターオイルの浸透ケアセット
はクリームとオイルの2つがセットになって10,960円となっています。こちらも送料無料で利用できます。

価格 評価 備考
6480円 評価5 セット 10,960円

ベルタマザークリームの特徴

ベルタマザークリームは妊娠初期から使い始めるのがおすすめのクリームです。

  • お腹の肌の色がだんだんくすんできた
  • お腹の肌がゴワゴワになってきた
という方におすすめです。

■ベルタマザークリームの主な成分
シラノール誘導体 / オーガニック原料 / コエンザイムQ10 / ヘスペリジン / アミノ酸・ビタミン5種類 / 葉酸などで生成されています。
また、美容成分であるスーパーヒアルロン酸 / プラセンタ / コラーゲンを含んでいるので、高い保湿力が期待できます。
また、無添加で生成されているので添加物が気に成る方でも安心して使えます。

価格 評価 備考
6980円 評価5 定期便での申込みの場合は初回500円
2回目以降は4980円(送料無料)

ママケアクリームの特徴

オーガニックレーベルのママケアクリームは無添加・無香料のボディケアクリームです。
妊娠初期の妊娠線対策からできてしまった妊娠線にも使用することができます。
もう消えないと思っていた妊娠線対策も諦めないで使用することをおすすめしたいクリームです

■ママの肌にピッタリのクリーム
ママケアクリームは妊娠時のママの肌の事を考えて作られたクリームです。
角質層までしっかり届く、シラノール誘導体、
24時間保湿してくれるアクアスピード、肌本来の健やかな力を取り戻すEGF・HGF、内側から「めぐり」を高めてくれる葉酸、壊れやすいビタミンCを肌まで届けてくれる新型ビタミンC誘導体(APPS)などで生成されています。

■ママに嬉しいオーガニック素材
シアバター / アボカド / アルガン / ツボクサ / プルーン / トウキンセンカ

■配合されている美肌成分
Wヒアルロン酸 / 国産馬プラセンタ / セラミド / ビタミンアミノ酸 / Wコラーゲン

■無添加だから赤ちゃんも安心!
無添加なので、赤ちゃんに触れても安心です。
さらに、満足のいく保湿力が魅力です。

価格 評価 備考
5500円 評価5 6ヶ月間の利用が必須となります。
ママケアクリームの総評

トクトクコースなら初回送料500円だけで利用できます。
トクトクコースは定期便なので最低でも6ヶ月間の使用が縛りとなりますが、初回実質無料で利用できます。
2回目以降も毎回10%オフの4950円で購入できるので、その都度購入するよりもお得です。

■塗り方
おへそを中心に丸く円を描くようにぬります。
見えにくいお腹の下の下から上に向かって塗っていきます。

お腹の他にお尻や太もも、バストや二の腕などにも塗って全身のボディケアに使用できます。

 

 

妊娠線予防クリームを使って妊娠線を作らない!

 

ベルタ妊娠線クリームのここがおすすめ!

「妊娠線ができてしまってからでは遅いんでしょう?」と思っている人は非常に多くおられますが、このベルタ妊娠線クリームはできてしまった妊娠線を綺麗に除去することを目的として開発された妊娠線予防クリームです。
ママ達の声に耳を傾けてクリームを開発されたという経緯があるので、実際のママ達の願望を叶える商品と評判です。
諦めていた妊娠線を除去するクリームの代表格として、多くの喜びの声が上がっています。

ベルタマザークリームはココがスゴイ!

肌には再生の周期というものがあり、その周期に当たる時期に妊娠線ケアをしっかりと行っていくことで元通りのきれいな肌を蘇らせてくれます。
このクリームに配合されている「葉酸」の成分が、元のツルツルの肌の生成を助け、妊娠前の肌を呼び起こしてくれます。
効果には個人差がありますが、これは肌の再生の周期が人それぞれ異なるためです。
使用し続けることで、肌の再生の周期に妊娠線を除去することを助けてくれます。
今まで別の妊娠線対策クリームを使っても効果が実感できなかった方は、このベルタ妊娠線クリームを継続的に使用してみましょう。

リーズナブル!

妊娠線ケアクリームの中でも非常にリーズナブルな価格なので、継続的に利用しても大変コストパフォーマンスが高いので安心です。
他の商品は高額過ぎて、「継続的に利用できなかった…」という人には特にオススメです。

 

ベルタマザークリーム当サイトイチオシの妊娠線予防&対策クリームです。

>>購入・詳細はこちらから

 

妊娠線は予防するのが最も重要!

妊娠がわかった後には、妊娠の喜びと同時に妊娠線予防となる肌ケアを考えておくことがオススメです。
妊娠すると体内の女性ホルモンが大きく変化して妊婦さんの肌はとても敏感になります。
そのため、妊娠中に肌ケアを怠ると様々なトラブルに見舞われてしまうハメに。

 

とくに注意したいのが妊娠線です。
産後のママにアンケートをとると妊娠中しておけばよかったと後悔していることのダントツトップは妊娠線の予防対策です。
ちょっとの気の緩みで簡単に出来てしまう妊娠線ですが1度出来てしまうと消すのにはかなりの時間と労力が必要になります。
あとで後悔しないためには妊娠中にしっかりケアをして予防することがとても大事なのです。

 

妊娠線の予防はいつから?

妊娠線の予防はお腹が小さいうちは何もしなくてい良いと考える妊婦さんが多いようですがそれは間違い。
肌ケアや妊娠線の予防は妊娠初期から行いましょう。

 

妊娠初期から予防対策を行うのには理由があります。
それはひび割れしにくい皮膚にしてお腹が急激に大きくなる時に備えるためです。
お腹の皮膚は妊娠中期から後期にかけて急激に大きくなります。
妊娠前より2倍近く大きくなると言われています。
お腹の皮膚にたっぷりと水分を含ませて柔らかくしておくことで妊娠線を防ぐことができるのです。

 

ただし妊娠初期はつわりで苦しい時です。
体調を見ながら無理のない範囲で行いましょう。

 

妊娠線クリームはいつからした方がいいの?

妊娠1ヶ月から3ヶ月くらいには使用するケアクリームなどで選んでおくことをおすすめします。
妊娠4ヶ月から5ヶ月目に入って、肌が感想したりお腹がふっくらしてきたら使用開始するのがおすすめです。
6ヶ月から7ヶ月が立った頃は、お腹やヒップの下などの自分では見えないエリアのボディケアも重要です。
妊娠8ヶ月を過ぎたころ、肌の乾燥も強くなってきますので、朝と夜も妊娠線とバストをクリームやオイルでケアしましょう。

 

ヴァセリンやベビーオイル、ベビーローションを使用している方も要るようですが、乾燥をしっかり防げるのであれば何もしないよりも良いと考えられます。
しかし、冒頭でご紹介したような、専門家がママの肌のことをしっかりと考えて作ったクリームなどを使用するのもおすすめです。

 

塗り方・塗る場所・塗るタイミングは?

妊娠線クリームは、商品それぞれによって推奨されている塗り方は異なりますが、おへその周りから円を描くように優しく塗っていき、自分では見えないお腹の下まで塗ることが大切と言われています。

 

どこに塗るのがよいの?という疑問や1日に何回塗ったらいいの?と疑問を持っている方も多いと思いますが、多くの場合、塗る回数とタイミングは朝と夜の1日2回塗ることがおすすめされています。
朝起きたときと、夜眠る前に塗るのが良いでしょう。

 

お腹の下側や下腹部は、お腹が大きくなってきたころは自分で塗るのが大変になってきます。
この頃になったら、旦那さんに塗って貰うようにしましょう。

 

妊娠線のメカニズムと予防に効果的な対策は?

妊娠線を予防したいのなら、まずは妊娠線ができるメカニズムを知ることです。
妊娠線は赤ちゃんの成長とともに大きくなるお腹の皮膚が伸びてこれ以上伸びないという限界に達することでできてしまいます。
皮膚のコラーゲン組織が断裂するためにひび割れたようになるのです。

 

従って皮膚を柔らかく伸びやすい状態にしてあげることが妊娠線を防ぐ有効な対策なのです。

 

ひび割れを防ぐのに最も代表的な方法は妊娠線予防対策クリームの使用です。
クリームの他にもにジェルやオイルなど様々な商品があります。

 

妊娠線予防対策クリームを使うことで乾燥しやすくなっている妊婦さんのお肌にたっぷりの潤いを与え、皮膚のひび割れを防いでくれます。
色々な商品があって何を買って良いか迷うかもしれませんが低刺激であなたのお肌にあったものを選びましょう。

 

妊娠初期から継続して使うことで妊娠線の予防効果は高まります。

 

妊娠線予防にも効果的なベルタ妊娠線クリーム

妊娠線の予防に専用の対策クリームが必要なことはわかりました。
ではどのクリームを使えばいいのでしょうか?
「絶対に妊娠線を作りたくない!」と考える妊婦さんに注目を浴びている妊娠線予防対策クリームがあります。
それはベルタ妊娠線クリームです。

 

多くの芸能人もおすすめするほど品質の良さは折り紙つきです。

 

ベルタ妊娠線クリームは「妊娠中の肌トラブルを気にすることなく子供を産んで欲しい」という思いで研究、開発された製品です。
妊婦さんの敏感になっている肌への刺激を抑えた天然由来成分で出来ています。
ついついお腹だけに注意がいきますが、じつは妊娠線はバストやおしり、太ももにもできやすいのです。
妊娠中、おっぱいを出すための準備として乳腺が発達し、バストは2カップ以上大きくなります。
また脂肪を蓄えようとする働きでおしりや太ももの肉付きがよくなります。

 

そのためひび割れを起こしやすいのです。これも妊娠線として残ります。
ベルタ妊娠線クリームはそんな皮膚の薄いデリケートな部分にも使えます。
パラベンや界面活性剤を使用していない安心で安全な製品です。
もちろん産後の肌ケアにも使えますので永く愛用できます。

 

 

 

産後の妊娠線ケアも大切!

妊娠中だけでなく、産後の肌ケアも重要です。
産後もしばらくはホルモンバランスの乱れた状態が続きます。
出産後、女性の身体は半年から1年の歳月をかけて元に戻るのですが、その間の肌ケアはとても肝心です。
こと間のケアをするかしないかであなたの未来の肌の運命を大きく左右することになります。

 

出産後、大きくなったお腹の皮膚が今度は元に戻ろうと縮んでゆきます。
「産んだらお腹がシワシワになってしまった」という悲しい声はたくさん耳にします。
このシワを防ぐために妊娠線予防対策クリームは継続して使用しましょう。

 

また妊娠線ができたてしまったという方にも朗報です!
プラジェントラは壊れた細胞の修復の手助けをしてくれる成分を配合していて肌を健康な状態へ導いてくれるので妊娠線を補修する効果が期待できるのです。
妊娠線は1度出来たら消えないという常識が覆されるくらいの実力を実感できるはずです。

 

出産後は赤ちゃんの世話に追われ何かと忙しい毎日です。
手軽なお手入れできちんと効果を発揮してくれるプラジェントラの妊娠線予防対策クリームを是非1度試してもらいたいと思います。
プラジェントラの妊娠線予防対策クリームを継続して使うことで肌トラブルとはさよならしましょう。
きちんとお手入れをしてあげれば、あたなの肌は妊娠前よりももっともっと美しくなるかもしれません。

 

 

更新履歴