妊娠線を消す美容整形の真実

 

できてしまった妊娠線を消す有効な方法として美容整形があります。
でも美容整形には「高額」、「怖い」、「リスクがある」という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?
美容整形には具体的にどのような方法があるのでしょうか。

 

妊娠線を消すための美容整形について少し調べてみました。

 

「レーザーやラジオ波の照射」

 

レーザーやラジオ波を照射することで皮膚を収縮させたり、断裂した傷跡の再生を促します。
この方法は完全に消すという技術ではないようです。
妊娠線を消すというよりより目立たなくさせるという方が正しいかもしれません。
料金は1回の照射で数万円。
定期的に複数回の治療を行います。

 

「腹リダクション」

 

これはお腹のたるみとりです。
皮膚を脂肪と一緒に切除して縫合する美容整形です。
脂肪を取るため、スリムアップ効果も期待出来るようです。
妊娠線のある皮膚を一気に切除します。
料金は160万円くらいです。
手術には部分麻酔や全身麻酔が必要です。

 

金額や整形後の回復に至るまでの時間やリスク等を考えると、子育てママにはなかなか難しい選択のようです。
実際にはなかなか踏み切れないものです。

 

美容整形に踏み切る前に・・・

 

今この記事を読んでいるあなたは、美容整形以外に妊娠線を消す方法がないかと模索しているのではないですか?
妊娠線を消したいけど、美容整形までは・・・とお考えのあなたに試していただきたいクリームがあります。
それはAFCのストレッチマーククリームです。
もちろん美容整形にかかる費用やリスクをきちんと認識し、いざ美容整形に踏み切ろう!という方にもおすすめできる実力派のクリームです。

 

葉酸配合のクリームで妊娠線を消す

 

葉酸は、水溶性ビタミンの一種です。
肉類、特にレバーや卵黄、豆類、牛乳に多く含まれます。
この葉酸、妊婦さんにとってとても重要な成分です。
妊娠前や妊娠中に1日0.4ミリグラム摂取することでお腹の中の赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させてくれるといわれています。
また貧血や高血圧、がんの予防にも有効と言われていて生涯を通じて摂取していきたい成分なのです。

 

その葉酸を配合しているのがAFCのストレッチマーククリームです。
葉酸は熱や光に弱く非常に壊れやすいため成分を配合するのは技術的にとても難しいそうです。
葉酸が配合されたクリームを塗ることで「めぐり」を良くして肌のターンオーバーを改善する効果が期待できるようになりました。
クリームで妊娠線は消えないという常識を覆す、新しいクリームの誕生です。

 

美容整形しかないとは考えずに、まずはAFCのストレッチマーククリームで肌の再生力を蘇らせてみませんか?