妊娠線ができたママの話

妊娠線ができた!予防を頑張ったのにできてしまい失敗した!という先輩ママの体験談をまとめました。
予防対策に失敗した原因はなんだったのでしょうか?

 

「クリームの匂いが嫌で予防を続けなかったのが失敗の原因」 20代女性の体験談

妊娠線ができた場所はおなかです。
もともと乾燥肌の私は妊娠前から使っていたボディクリームをそのまま利用していました。
保湿成分配合だし、ローズ系の香りがお気に入りの大好きなクリームでした。
でも妊娠後期に差し掛かったある日、突然そのクリームの匂いを不快に感じるようになり、塗るのをやめてしまいました。
その時に新しいクリームを探さなかったのが失敗の原因でした。
夏場だったのでクリームを塗らなくても乾燥が気にならない時期だったというのもよくなかったと思います。
きちんと予防できたのにと今では本当に後悔しています。
芸能人のママとか、出産後に水着になったりお腹を出すファッションをしているのが羨ましくてしょうがないです。
これから妊娠する人には失敗して欲しくないです。
ちゃんと予防すれば妊娠線はできたりしないと思います。

 

「妊娠線予防はお腹しかしていなかったのが失敗の原因」 30代女性の体験談

 

私は妊娠線の予防対策としてお腹に専用のクリームを塗っていました。
かなりこまめに塗っていました。
体重の増加も適正範囲内で妊娠線の予防対策はバッチリ!と思っていました。
でもある日、胸がすごくかゆくなりました。
よーく見てみると、胸の乳頭の周りにひびわれが!!
かなりショックでした。
胸が2カップくらいサイズアップしたことが失敗の原因のようです。
妊娠線はおなかにしかできないと勘違いしていました。
妊娠線は胸にもできるというのを初めて知りました。
今は妊娠線を消したいとすごく強く思っています。
できたことを嘆いても仕方ないので少しでも目立たなくしようと妊娠線解消クリームを使ってバストマッサージしてます。
でもなかなか消えません。

 

「妊娠線になりやすい体質だったのが失敗の原因」 20代女性の体験談

 

私はダンスが趣味です。
露出の多い練習着や衣装を着ることも多いので妊娠線の予防は欠かせません。
私も当然妊娠中の予防をきちんと行っていました。
でも私には妊娠線ができてしまった。(泣)
ダンス仲間の中でできたのは私だけ。
妊娠線ができたのは体質が関係あるかもしれません。
それは太りやすい体質だったこと。
クリームを塗ったりマッサージで皮膚を柔らかくしていたけど20キロ近く太ってしまい効果がなかったようです。
おへその周りに無数の妊娠線・・・。
できた時は本当に悲しかった。
対策に失敗というよりもちゃんと体重管理していれば予防できたかもしれません。
反省しています。

 

私の通うダンス教室はママになっても続ける人が多くそういった話題は尽きません。
色々な体験談を聞きましたがどうやら体質とか遺伝とかもかなり関係するような気がしてきました。
妊娠線ができた人は比較的脂肪が多い人だと思います。
筋肉質の人はできなかった人が多いようです。

 

それともうひとつ失敗したと思ったことは産後のケアを怠ったことです。
妊娠線ができたからもういいやって諦めてしまったのです。
もし万が一、妊娠線ができたとしても出産してすぐに対策すれば大丈夫かもしれません。
出産後にすぐ対策したママ友の妊娠線はうすくなっていてほとんどわからないです。
まわりのママ達は産後に引き締めて元に戻っているのに、私のお腹だけぶよぶよ。
すっごく悲しいです。

 

妊娠線ができても諦めない!

妊娠線ができてしまっても、まだ諦めずに当サイトオススメのクリームで肌ケアを継続することをオススメします!

 

 

妊娠線ができなかったママの話

妊娠中に妊娠線ができなかった!という妊娠線の予防に成功した先輩ママの体験談を集めました。

 

 

妊娠線ができなかった!と予防に成功した先輩ママの体験談を集めてみました。
できてしまったのとできなかったのではその後の運命が大きく変わります。
予防に成功した先輩ママの声を参考に成功に導く予防方法を考えていきましょう。

 

20代女性の1人目出産時の体験談。「妊娠線の予防に成功!」

私は初めての赤ちゃんを妊娠した時、妊娠線は絶対に作らない!と決めていました。
ママになっても子供と一緒に海とかプールに行ってビキニを着たかったからです。
妊娠線を作らないためには体重を急に増やさない方がいいと聞いたので食事に気を使いました。バランスの良い食事をして間食はしませんでした。
それから運動も心がけて安定期に入ってから毎日ウォーキングをしました。
スーパーに買い物に行く時は車を使わないで歩きました。
そのおかげか結局体重は6キロ増えただけでした。
あとクリームとかこまめに塗りました。
妊娠線予防のクリームを選びました。
妊娠線はどこにもできずに予防に成功しました!
仲の良いママ友に話を聞くと、12キロくらい体重が増えたママは妊娠後期におなかが急に大きくなって妊娠線が出来たと話していました。
体重を増やさないのと肌を乾燥させないのが大事だと思います。

 

30代女性の1人目出産時の体験談。「妊娠線予防は特に意識しなかったけどできなかった」

私の母は妊娠線がおなかとおしりにできていたため私も妊娠線ができやすい体質だと思っていて出来てもしょうがいないって思い何もしませんでした。
7ヶ月くらいのときに寒い時期で肌が乾燥しておなかが痒くてしかたがなかったので保湿クリームをお風呂上がりとか痒くなったときに塗っていました。
予防は特に意識しなかったけど妊娠線はできなかったです。
妊娠線って遺伝はしないのかな?もしかしたらクリームをちょこちょこ塗っていたのが良かった?成功の秘訣?なのかなといま振り返るとそう思います。

 

30代女性の2人目出産時の体験談。「妊娠線はこれ以上増やしたくない!」

1人目の妊娠中に予防を怠りうっすらと妊娠線が。
それほど多くはできなかったし、ほとんど目立たなくなったので気にしていませんでした。
その後、2人目を妊娠した時にもあまり気にしていなかったのですが、
ある日1人目の時に出来た妊娠線が赤みを帯び始めているのに気づき大慌てで妊娠線を予防するクリームを購入しました。
忘れないように朝、昼、晩の食後と入浴後に塗るようにしていました。
結局1人目のときにうっすら出来た妊娠線以外に新しい妊娠線はできなかったようです。
なので予防成功といえるかな??
1人目の時にできなかったママが2人目に妊娠線ができてしまったという話はよく聞きます。
初めてでも2回目でも妊娠中は油断禁物だなと思います。

 

 

妊娠線消す方法が知りたい

妊娠線を消す方法は今までないと言われていました。でも消す方法はあるのです。最新の妊娠線情報を追いました。

 

 

長い間、妊娠線は一度できると消えないと言われてきました。
しかし妊娠線を消す方法はあるという人もいます。
一体どちらの主張が正しいのでしょうか。
今まで消えないと言われてきたのには、理由があります。
これまでは出来てしまった妊娠線に効果的に働きかけてくれるような高性能なクリームが存在しなかったからです。
しかし長年の研究、開発により妊娠線に働きかけて肌をなめらかにしてくれる成分がわかってきたのです。
それらの成分が配合された高性能なクリームならば、妊娠線ができたお腹の皮膚の修復力を高め、正常な状態へ導いてくれるのです。

 

妊娠線を消す方法を模索する女性が増えたことでこのような高性能なクリームが誕生したと言えるでしょう。

 

ママになってもキレイでいたい

妊娠、出産を経験した女性たちの意識は大きく変わりました。
一昔前までは、妊娠線は母の勲章という考え方でした。
母になったら自分のことより子供が優先。
自分の容姿を気遣うのはダメな母親。
それが常識でした。
でも今は違います。
ママになってもキレイでいたいと考える人が増え、キレイであるために努力することがステータスとなりました。
妊娠線ができたから諦めるなど言語道断。
ママであっても女性であることに誇りを持ち、自分磨きを続けるべきだとの考えが一般的になったのです。

 

ママの声で生まれた妊娠線クリーム

 

AFCのストレッチマーククリームは妊娠線を作りたくない女性や出来てしまった妊娠線を消したいと願う女性たち100人の声から生まれました。
また、日本予防医学研究所と共同開発されています。
予防とケアの両方に使えるクリームはそれまであまり見かけることはありませんでした。
このクリームには実際に妊娠線の悩みに実績のあるライマメ種子エキスとダーマクロレラとアラントインという成分が配合されています。
開発者のこだわりがたくさんつまった純日本製のクリームです。
妊娠線で悩む女性が実際に使い、その効果に喜びの声がたくさん届いているという事実。
妊娠線を消す方法としてAFCのストレッチマーククリームの使用が有効と言えるかもしれません。
続けなければ意味のない妊娠線のケアですが、このクリームは1本2,980円と比較的割安な値段で、マッサージ不要でつけるだけの簡単ケアなので続けやすいと思います。

 

ママがキレイだと子供も喜びます。
ご主人だって嬉しくないはずはありません。
時間が経ってしまったと諦めずに頑張ってケアをして以前のようなツルツルの肌を取り戻してみませんか。