2人目の妊娠。これからどうなる?

 

2人目を妊娠したとき、1人目の妊娠とは違った新たな悩みが出てくると思います。

 

妊娠初期に重たいものを持つなと言われていたけど、上の子を抱っこしたりおんぶしたりは問題ない?
とか、
まだ上の子に授乳しているけど、急いで卒乳しないといけない?

 

とか様々な疑問が湧き出ることでしょう。
これらの疑問を自分で判断することはおすすめできません。
2人目に無理をしすぎるママがとても多いので注意しましょう。
産婦人科の先生によく相談しながら妊娠の経過を慎重にみていきましょう。

 

また、妊娠線についても1人目と同じようなお手入れで大丈夫とはいかない場合もあります。

 

2人目妊娠の時の妊娠線の疑問

 

○1人目に妊娠線ができなかったら2人目もできない?!

 

その答えはノー。

 

初産婦より、経産婦の方が妊娠線はできやすいとされています。
1度妊娠や出産を経験すると、お腹やバストの皮膚が伸びやすくなります。
2人目の妊娠では、お腹が大きくなりやすく、さらに大きくなるスピードも早くなるため
妊娠線ができやすいと言われています。

 

だから1人目で妊娠線ができなかったとしても油断をしてはいけません。

 

○1人目で妊娠線ができたから2人目はそれ以上増えない?!

 

その答えもノー。

 

2人目の時の方が1人目の時よりお腹が大きくなれば妊娠線がさらに増えることも考えられます。
だから「もう妊娠線ができているからお手入れを諦めよう」なんて考えはナンセンスです。

 

肌トラブルから皮膚を守るためにもお手入れはしっかり行っていきましょう。

 

上の子がいると忙しいのでお手入れは時短に限ります

 

妊娠線のお手入れはお風呂上がりがベストタイミングです。
しかし上の子がいるとお風呂上がりは戦場のようです。
自分の身体を拭いている余裕もないくらいですよね。
妊娠線のお手入れをしている時間なんてない!というのが上の子がいるママの本音だと思います。

 

そんな2人目を妊娠中のママが求めるのは時短のお手入れです。
上の子と一緒に使える低刺激のベビーオイルなどがおすすめです。
ただベビーオイルだけだと予防の効果に少し不安が。
できればマッサージ不要で塗るだけの簡単お手入れの妊娠線予防のクリームも併用すると良いですね。

 

当サイトおすすめのAFCのストレッチマーククリームはさくらんぼ大を手に取りなじませるだけの
簡単お手入れで妊娠線を予防できます。
さらに、AFCのストレッチマーククリームは純国産で原料にこだわったクリームです。
お腹の赤ちゃんの発育に悪い影響がなく、さらに上の子がお腹を触っても大丈夫な安心・安全のクリームなのです。

 

上の子との時間を大切に、充実したマタニティライフを過ごせると良いですね!