妊娠線予防にはマッサージが効果的

最近の妊娠線予防のオイルやクリームは、マッサージ不要としている製品が多くなりました。
しかし、マッサージは妊娠線予防にとても効果的です。
時間があるときにはマッサージを心がけ、実践することで妊娠線を予防&除去につながります。

 

また、妊娠中に血液の循環が悪くなったり過度なストレスを溜めてしまうと、早産のリスクが高まることがあります。
マッサージで血液の循環を促進し、効果的にストレスを解消して早産を予防する効果もあるので、この面から見てもマッサージは非常におすすめです。

 

妊娠中は身体をいたわりストレスを溜めないような生活することが大切です。
マッサージを取り入れて、しっかりと身体をいたわり、お腹の中の赤ちゃんと向き合う時間を作っていきましょう!

 

お腹のマッサージ方法

 

マッサージは決まった時間に行うと「やり忘れ」を防げます。
お風呂上がりはお肌が清潔で血流が良くなっているので妊娠線予防のオイルやクリームが浸透しやすいのでおすすめです。

 

マッサージといっても、コリ解消が目的ではないのでツボ押しのような力強いものは必要ありません
まず、お腹全体にオイルやクリームを塗って撫でていきます。
手のひらの体温でクリームの成分をお腹に浸透させましょう。
しっかりと保湿することで皮膚が弾力を持つので妊娠線の予防につながります。
また、リラックスにもつながるのでたっぷりと時間をかけて塗りこんでいきましょう。

妊娠後期のお腹が大きい時期は?

妊娠後期はお腹が大きくなって下腹部まで手が届かない場合があります。
そんなときは旦那様にマッサージを手伝ってもらいましょう。
普段、赤ちゃんの胎動を感じることができない旦那様もお腹に手を当てることで赤ちゃんの存在を感じることができます。
ゆっくりとマッサージを行うことで胎動を感じることができるかもしれません。
スキンシップで夫婦仲も良くなりますし、父性の目覚めにもつながるかもしれませんね。

 

乳房のマッサージ方法

乳房も妊娠線ができやすい場所だということを知らないプレママが意外と多いようです。
お腹のマッサージと同様、乳房のマッサージも非常に重要です。

 

赤ちゃんに与える母乳を作るための準備として乳腺が発達していきます。
妊娠5ヶ月くらいから、乳房は大きくなっていきます。
その時に妊娠線ができてしまうことがあります。
お腹と一緒に乳房のマッサージも行って妊娠線を予防しましょう。
さらに妊娠中に乳房のマッサージを行うことで母乳がよく出るようになるという効果もあります。

 

また、赤ちゃんが吸いやすい乳首にしておくことも非常に大事です。
お腹に痛みや貼りがないときは積極的にマッサージを行いましょう。

 

お腹と同じようにお風呂あがりに妊娠線予防のオイルやクリームを優しく塗りこみます。
お腹の皮膚と同じように乾燥させないようにしっかり保湿しましょう。

 

マッサージにおすすめの妊娠線予防クリーム

AFCのストレッチマーククリームは、母親学級で産婦人科の先生がおすすめしているクリームです。
お腹意外にも乳房のマッサージにも使用できます。
血行を促進して肌を温めてくれる効果もあるので早産の予防にも非常に期待できます。
またアロマ成分配合でやさしい柑橘系の香りなのでストレス解消にも効果的です。
ストレッチマーククリームで癒しケアやお腹と乳房のマッサージを行い、妊娠線予防に取り組んでみることをおすすめします。

 

商品名:AFCストレッチマーククリーム
価格:2980円

 

マッサージにはこれがオススメ!

良質かつ低コストの妊娠線予防クリームです。香りも良いのでリラックス効果を実感できます。

 

>> ご購入はこちらから