妊娠線対策を考えましょう

赤ちゃんが出来たら、これから始まるマタニティライフに向けての準備を始めましょう。
妊娠初期はつわりや肌トラブル、感情の浮き沈みなど色々なカラダやココロの変化が訪れる時期です。
とても不安で大変な時期ですが、マタニティライフの中のほんの一時の我慢です。
そのうち毎日成長するお腹の中の赤ちゃんの存在を少しずつ感じられるようになるでしょう。

 

産後ママがすごく後悔するのは「妊娠線対策」を怠ったことです。
マタニティママの2人に1人に妊娠線が出来るといわれています。
つまり妊娠線が出来る確率は50%。
最近は妊娠線で後悔したくないと対策を行うマタニティママが増えているのでもっと少ないかもしれません。
決して防ぎきれないものではありません。
出来る、出来ないの分かれ道は妊娠線対策にあります。
妊娠線が出来てがっかりと後悔してしまうその前にきっちりと行っていきましょう。

 

後悔しない妊娠線対策

妊娠線対策は妊娠線対策専用のクリームを塗ることです。
マタニティ専用のクリームは最近注目を浴びていて効果のあるクリームがたくさんあります。
皮膚に潤いが足りないと亀裂が入りやすく妊娠線の原因になるのでクリームは対策に必要不可欠なマストアイテムなんです。
値段が高いから〜なんて使わなかったら一生後悔することになってしまうかも。
マタニティライフなんて一生にそう何度も経験できるものではありません。
少しくらい奮発してもバチは当たりません☆

 

マタニティ専用のクリームは、人工物の入っていない無添加のものを選びましょう。
マタニティライフ中の肌は妊娠前に比べてとてもデリケート。
ホルモンの乱れにより普段なら問題ない方でも荒れたりかぶれたりしやすくなっています。
またつわりの時期は匂いに敏感になりますので自分の気に入った香りのクリームを選ぶのがコツです。

 

妊娠後期に急にお腹が大きくなってきたときがいちばん要注意!
一気に皮膚が引き伸ばされるために妊娠線になりやすいのです。
この時期の対策としては皮膚が柔らかくなるようにクリームを塗るだけでなくマッサージもプラスしましょう。

 

対策にマッサージをプラス

マッサージは妊娠線対策に加えストレスの多いマタニティライフの癒しにもなるので一石二鳥です。
マッサージを行うことでマタニティママがリラックスするのでお腹の中の赤ちゃんもリラックス出来ます。
不安を感じたり悲しい気分になりやすい時期ですから家事などで無理はせず出来るだけ気持ちを落ち着かせるように心がけましょう。

 

妊娠線対策のマッサージはやさしく行います。
クリームをたっぷりお腹に塗って皮膚の奥に届けるイメージで優しくお腹を撫でてあげます。
お腹が大きくなってくるとおへそよりしたの方は手が届きにくくなるので横になりがら塗ったりパパに頼んだりしてみましょう。
パパにマッサージをお願いするときは赤ちゃんに話しかけながらやさしく塗ってもらいましょう。

 

家族みんなで行うあとで後悔しないための妊娠線対策!いかがでしょうか?

当サイト推薦の妊娠線対策クリーム

オススメの妊娠線対策アイテムをご紹介します。
今まで100人の妊婦さんの声や要望を得て作られた妊娠線対策クリームです。
効果はもちろん、気になる匂いもないのでとてもおすすめです。
詳細は下記バナーからチェックできます。

 

 

妊娠7ヶ月頃からの妊娠線予防法