産後のたるみを急いで解消する方法

出産後のおなかは伸びきった皮膚と脂肪でマシュマロのように柔らかくなります。
そのおなかを鏡でみてショックを受ける人も多いようです。
でも赤ちゃんを10ヶ月間おなかで育てたわけですから仕方のないことです。
むしろ勲章です!
まずは出産という大仕事をやりとげた自分とおなかをいたわってあげましょう!

 

しかし、放っておくとたるみにつながります。
産後のたるみを跡形もなく解消するためには早めの対策が必要になります。

 

しかし産後の身体はとてもデリケート。
無理は厳禁です。
当然ですが産後の1ヶ月間は筋トレなどの激しい運動を控えましょう。
無理をすればあとで体調不良になったり、更年期障害がひどくなったりします。

 

自然分娩の方であれば出産の翌日くらいから引き締め効果のあるクリームやジェルを塗ったり、ニッパーを装着するなどのたるみのケアは可能です。
安静にしながらケアを行っていきます。
シャワーのあとなど時間をみつけてゆったりとした気分でクリームやジェルを塗りこんであげるのが良いでしょう。

 

産後のたるみ解消のためのマストアイテム

 

出産後は赤ちゃんとの新生活でとても忙しくなります。
すぐに取り掛かれるようにたるみ解消のためのケア用品は妊娠中に揃えておきましょう。
最低限そろえておきたいたるみ対策用品としては、

 

産後専用の引き締めクリームやジェル
オイル等と骨盤ベルトやニッパー

 

です。

 

クリームはただ塗るだけというような使用方法が簡単なものが良いでしょう。
ニッパーは産後直後から使えるものを選びましょう。
産後は開いた骨盤が戻ろうとするので痛むことがあります。
ベルトやニッパーは産後のたるみの引き締め目的だけではなく、その痛みを和らげる目的にも使用します。
ベルトやニッパーは徐々に引き締め効果の高いものに変えていきます。

 

たるみと体重は関係ない?!

通常、妊娠中は体重が増えます。
赤ちゃんと羊水で6キロ。
脂肪で4キロ。
合計で10キロ前後の体重増加が理想的です。

 

体重を減らせば出産前の引き締まった体型に戻せるだろうと、産後に一気に体重を落とそうと頑張るママもいるのですが、体重を落とすだけではたるみは解消出来ません。
むしろ無理なダイエットはシワやたるみを引き起こす原因にもなりかねません。
早く引き締めていという気持はわかりますがあせりは禁物です。
緩やかな体重の減少と引き締めケアが重要になります。

 

産後の身体はゆっくりと元に戻ろうとします。
そのペースに合わせてダイエットを進めましょう。

 

たるみを引き締めるのに焦りは禁物

出産後しばらくは気分の浮き沈みがおこりがちです。
おなかがぶよぶよになってしまったとたるみばかりを気にしすぎると産後うつの原因にもなりかねません。
赤ちゃんとの生活を楽しむのと同じようにたるみのケアも楽しみながじっくり解消していきましょう。
途中で投げ出さずにじっくり、ゆっくりと臨む方が良いのです。

 

正しい方法でじっくりと継続することが産後のたるみ解消への近道です。
マイペースにたるみの解消に取り組むことで出産前のような引き締まったおなかが甦ることでしょう。
産後のたるみはもう怖くありません。

 

 

たるみ予防はクリームは必ず使うのがおすすめ【妊娠線予防クリーム】

産後のたるみ予防を怠ったせいで・・・
産後にたるみ予防を怠ったせいで顔がブルドック状態に?!クリームを塗ってマッサージするだけでたるみは予防できるのです。

 

 

産後に体重を戻してもスタイルが元に戻らないという声を非常によく聞きます。
筆者の私もそのひとりです。
今回のお話は、お風呂上がりにクリームを塗ったり引き締め用のニッパーをつけるなどのすべての産後のたるみ予防を怠った私の体験談です。

 

私が一人目を出産したのは20代でした。
若かったことや一人目の出産ということで、体重は1ヶ月も経たないうちに元に戻りました。
15キロ増でしたが16キロ落ちて、妊娠前より体重が軽くなったのです。
でも痩せたというよりやつれたと言うべきでしょう。

 

なにせ慣れない赤ちゃんとの生活は過酷なものでした。
母や姑は当時仕事を持っていて、手伝ってくれる身近な存在がいなかったため、お世話はすべて一人でこなしていました。
さらに完全母乳で3時間ごとにひっきりなしに母乳を与え続けたために体重はみるみる落ちてゆきました。

 

その頃は毎日体重計に乗るのがとても楽しみで仕方がありませんでした。
ダイエットを意識して頑張っているわけではないのに体重が落ちていく。
それは快感でした。

 

しかし、産後3ヶ月程経ったある日、鏡を見てびっくり。
ほっぺたがたるみを帯びているのに気づきました。
あれ?私の顔ってこんな感じだったっけ?
不思議に思いました。
ほっぺたがブルドック状態。
産後の数カ月でこんなにも顔がたるみ、老け顔になるものなのかと驚きました。

 

しかも、顔だけでなくお腹やおしりもたるみが!
これはまずい!と思いました。

 

運動とクリームで産後のたるみ予防

 

産後に体重が劇的に落ちても、体型は元には戻らない。
産後はたるみ予防が必要なのだ。
ということをその時初めて実感しました。

 

脂肪がなくなっても皮膚は簡単には縮まないのです。
放っておくと産後のたるみで取り返しのつかないことに!
赤ちゃんのお世話に追われて何もしないとたるみは必ず襲ってきます。

 

たるみ予防にはクリームを使ったマッサージと筋トレが必要です。
やはり基本はこの2つだと思います。
赤ちゃんがいるとお風呂あがりにクリームを塗る時間を確保するのも至難の業なのですが、なんとか頑張っていただきたい!
さらに筋トレも重要です。
皮膚を支えてハリを持たせる役目を果たすのが筋肉です。
妊娠中は激しい運動ができないために筋力は衰えるのだそうです。
産後は赤ちゃんのお世話で身体を動かすので確かにかなりの運動量になるのですがスタイルを取り戻すための運動にはならないようです。
筋トレは引き締めたい場所を意識しながら行いましょう。
顔も筋肉が多い場所です。
産後は赤ちゃんとの生活で他人とのコミュニケーションが減り会話や笑うことが少なくなるため顔がたるみやすいのです。
意識的に動かして、たるみ予防に努めましょう。

 

産後は体重を落としながらたるみ予防も同時に行うのがベストといえます。
プレママや産後間もない皆様、どうか後悔のないように、少しでもたるみ予防に取り組んでみてくださいね。