妊娠線は産後にも出来る

 

出来てしまった妊娠線を消すために当サイトでは妊娠線用クリームの使用をおすすめしていますが、忙しい産後にどうやってケアを進めて行けば良いのかよくわからないという方が多いのも事実。
そこで今回は産後の肌ケアについてお話します。

 

まず、妊娠線がどうでしてできるのかをもう一度おさらいです。
妊娠線は皮膚の真皮部分の細胞が断裂して出来る傷跡です。
これは急激な体型変化が一番の原因です。
そのため妊娠中に体重が急激に増えてしまった方ほど、妊娠線ができやすいと考えられています。
これはみなさんがよく知っている事実だと思います。

 

しかし、出産後に一気に体重を落とすことでも妊娠線を深刻にするということがあまり知られていません。
もう一度言います。
妊娠線の原因は急激な体型変化です。
体重を急に減らすのも良くないのです。

 

産後に無理なダイエットを行うことで栄養が偏り、肌の乾燥がひどくなることがあります。
さらに、胎盤に蓄えられたエストロゲンという女性ホルモンは出産で体外に放出されるため、産後はホルモンバランスが乱れて肌が荒れやすくなります。
そういった肌のトラブルが妊娠線を悪化させる原因となるのです。
急激に体重を減らすことで皮膚が余ってしまったり、乾燥により皮膚のシワが増えてしまったりすることで妊娠線を余計に目立たせてしまうのです。

 

出産後は体重を落とすことに執着するのではなく、妊娠線を薄くすることに集中するべきです。
そのためには肌ケアが重要です。

 

産後のおすすめケア

妊娠線を薄くしたり消すためには失った潤いを取り戻して肌の修復力を高めることが大切です。
妊娠線用のクリームを塗ってしっかり保湿をしていきましょう。
また筋肉をつけて肌にハリを持たせることで、妊娠線を目立たなくすることができます。
産後は無理な運動は避けるべきですが、ストレッチや骨盤底筋を鍛える運動などで徐々に筋肉を取り戻しましょう。
ホルモンバランスの乱れを改善するためにはバランスのとれた食事も大切です。

 

産後は慣れない赤ちゃんのお世話でとにかく忙しくなります。
さらにママ自身が色々なトラブルに見舞われます。
代表的なものに抜け毛や肌荒れ、しみやそばかす、乳腺炎、産後うつなどがあります。
ホルモンバランスの乱れや、寝不足続きで抵抗力が弱くなるために起こりやすくなるのです。
すべては一時的なものとも言えますが、全くケアを行わなければ回復し難い状況にも陥り兼ねません。

 

肌荒れは毎日のちょっとした積み重ねで充分回復できるものです。
産後の赤ちゃんとの忙しい生活で充分なケアは無理!と思われるかもしれません。
しかし、マッサージ不要のAFCストレッチマーククリームなら塗るだけの簡単お手入れが実現できます。
是非、あなたの産後の肌ケアに取り入れていただけたらと思います。