妊娠線予防には保湿力!

妊娠線の予防には保湿力を高めることが重要です。保湿力を高めて妊娠線のできにくい肌にしましょう。また適度な運動も妊娠線予防にとても効果的です。
妊娠線予防には保湿力と運動!

 

 

 

妊娠線の予防のカギとなるのは肌の保湿力です。
肌は水分を保持することで潤いを保ちます。
肌の保湿力が低下すると、皮膚の奥にある真皮の繊維が弱くなって切れやすくなり、
妊娠線ができやすくなります。
また外部の刺激による肌のトラブルが起こりやすくなり、おなかやバストの痒みにつながります。

 

保湿力を高めるには、毎日の継続したスキンケアや生活習慣がとても大事になります。

 

洗顔は1日に2回行って保湿をする方が大半ですが、お腹やバストなど身体の保湿をする方は
意外と少ないです。
顔の皮膚も身体の皮膚も構造は同じです。
顔と同じように清潔に保ち、しっかりと保湿してあげることが大事です。

 

また、コラーゲンの生成が抑制される妊娠中は、魚や肉に含まれるゼラチンを摂取することで
肌の保湿力が高まり妊娠線予防になります。
他にも良質なタンパク質を含む卵や乳製品や大豆製品を食べたり、
良質な脂質を含むオリーブオイルやナッツ類を食べると保湿力が高まります。

 

皮膚の真皮の断裂を起こさせないためには、肌の奥にまで潤いを届けてくれるクリームと
保湿力を高めてくれる食品を意識して食べるということが重要です。

 

妊娠線予防に運動を!

保湿力と高める以外にも重要なことがあります。
それは適度な運動。
妊娠中の運動は妊娠線予防にとても効果的です。
体重管理や妊娠線予防のために運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、激しい運動は早産や流産のリスクを高めるので注意が必要です。
身体に負担をかけずに安全に行える運動がおすすめです。
例えば妊婦体操やウォーキング、マタニティスイミングやマタニティヨガがおすすめです。

 

スイミングやヨガはプロの指導者のもとで安全に行う必要があります。
妊婦体操は雑誌などにも数多く取り上げられていて、母親学級でも指導が受けられます。
気軽に始められるのはウォーキングです。
お腹の張りや出血がなく体調の良い時には転ばないように気をつけながら20〜30分を目安に
歩いてみましょう。

 

安産を望むなら適度な運動は必要不可欠と言えます。
さらに妊娠中に筋肉の量を減らさないことは妊娠線の予防につながり、さらに産後の体型戻しにも
効果があるので良いことずくめです。

 

毎日の肌ケアには癒しの効果があります。
また、運動は体重増加を防いでくれます。
検診前に増えすぎた体重を危惧することもなくなりますね。
肌の保湿力と適度な運動でストレスフリーで快適なマタニティライフを送りましょう。

 

 

妊娠線の予防を始める理由

初めてマタニティ生活を送るあなたへ。妊娠線を予防しないといけない理由やケアを始めるタイミングなど初めての妊娠で予防方法がわからないというあなたにお伝えします。

 

1度出来てしまうと消えにくい妊娠線ですがそもそもどうしてできるのでしょうか?
妊娠線のできる原理は太り気味の方に起こる肉割れと同じです。
肉割れは脂肪細胞が増えたり大きくなることで体面積が広がり皮膚を引っ張ることで皮脂細胞が壊れるために起こります。
この肉割れと同じ原理で妊娠中にできるものを妊娠線と呼びます。
赤ちゃんの成長とともに子宮がだんだんと大きくなりお腹の皮膚がひっぱられて出来てしまいます。
また母乳を作るために乳腺が発達しますのでバストが大きくなります。
急激に発達すると皮膚は伸びるスピードについていけずにひびが入ったように細胞が裂けてしまうのです。
そのためバストにも妊娠線がびっしりと出来てしまう方も多いのです。

 

1度出来た妊娠線は消えることはないというのが定説です。
避けた細胞が元通りに戻るには時間がかかるというとイメージできるのではないでしょうか?
なので妊娠線を作らないためにはとにかく予防が大切なのです。

 

妊娠線の予防対策とタイミング

予防方法としては妊娠線予防対策クリームを使用し、体重を急激に増やさないことです。

 

皮膚が伸びても裂けないようにするためにクリームを使用して弾力を与えておきます。
妊娠に気づいてすぐ始めるのが理想的ですが、体調を見ながら開始しましょう。
つわりが落ち着いてお腹が大きくなり始める5ヶ月を過ぎる前には始めたいものですね。
妊娠線予防対策クリームは朝と晩にたっぷりと塗ります。
こまめな手入れを継続して行うとより効果的です。
お腹が大きくなると下腹のあたりは手が届きにくくなります。
塗り残しのないように丁寧に全体に行き渡るように注意して塗りましょう。

 

またつわりが治まってから妊娠後期にかけては驚く程に食欲が増すため過食になりがちです。
そのため体重が一気に増加することがありそこで妊娠線ができる方が多いようです。
予防のためにも体重が一気に増えないように注意しましょう。
妊娠中は出産に備えるために身体に脂肪を溜め込みやすい時期です。
栄養バランスを考えながらあまり高カロリーな食事はとらないように心がけましょう。

 

予防にはとにかく皮膚を柔らかくしたり体重を急激に増やさずに皮膚の伸びを少しでもゆるやかにしてあげることが重要なのです。

 

妊娠線が出来ても予防を続けましょう

もし妊娠線が出来てしまっても嘆かずに予防対策は継続しましょう。
妊娠線をこれ以上増やさないためです。
たとえ妊娠線が出来てしまっても、細胞は日々生まれ変わります。
出来た時、妊娠線は赤みを帯びて痛々しい状態になります。
しかし時間が経つにつれ白っぽくなり目立ちにくくなります。
予防を続けることで再発を防ぎましょう。諦めてほったらかしにするというのが一番NGです。

 

妊娠線はママになった勲章と言えますが、簡単には割り切れずに大きなコンプレックスとなる方もとても多いようです。
後悔しないためには予防がとても大切ということです。

 

妊娠線を作らないための効果的なクリーム

妊娠線はできてしまった状態よりも、出来る前に予防するのがもっともおすすめです。
できてしまってからでも妊娠線を除去することは可能ですが、除去できるまでの期間の数ヶ月間は、その悩みを抱えてしまうことになります。
だからこそ、しっかりと毎日の予防を行っておくことがおすすめです。

 

予防をするためのクリームで最もおすすめなのもAFCのストレッチマーククリームです。
できてしまった妊娠線対策にも効果を発揮しますが、やはり予防段階の効果が高いと感じています。
後から後悔しないようにしっかりと予防しておくことをおすすめします!

当サイトおすすめナンバー1!

商品名:ストレッチマーク

価格:2980円

おすすめポイント

できてしまった妊娠線も肌の再生周期とともに除去効果を実感できます。子供からも嫌がられない、リラックスできる香りなので安心してお使い頂けます。

>> ご購入はこちらから

妊娠線ケアの豆知識

妊娠線ケアを行う時におすすめの豆知識をお教えします。妊娠線ケアに欠かせないオーガニック製品についてもご紹介します。

 

妊娠線ケアはとても大切です。
ひとくちに妊娠線ケアといっても色々とあるのですが、初めての方でも気軽に実践できる妊娠線ケアをお話します。
知っていそうで意外と知らないおすすめの豆知識とともにご紹介して行きます。

 

最初に妊娠線ケアの開始時期です。
ケアはいつから始めるのが最適なのでしょうか?

 

答えは安定期に入ってから。
無理がなければ妊娠の初期からケアを始めても良いでしょう。

 

7ヶ月以降、お腹の赤ちゃんはどんどん大きくなります。
急激に皮膚が引っ張られるためこの時期に妊娠線が出来る妊婦さんが多いです。
その前からのケアが大切です。

 

しかし妊娠中の女性はとてもデリケート。
無理な妊娠線ケアは妊婦さんやお腹の赤ちゃんに悪い影響を与える可能性があります。

 

妊娠線ケアの中で特に気をつけたいのは自己流のマッサージです。
マッサージをすると血行がよくなり、肌を柔らかくしてくれます。
皮膚を柔らかくしておくとひびが入りにくくなって妊娠線の予防につながります。
しかし強く刺激するとお腹の赤ちゃんの負担になる可能性があります。
マッサージの方法は産院の先生や助産師さん、または母親学級などに参加して正しい方法を学ぶのがベターです。

 

お腹を大きくしすぎないのが妊娠線ケアのもうひとつの豆知識です。
これは体重を増やしすぎないようにすること、お腹に腹帯やサポーターを巻くことである程度回避できます。
サポーターは腰痛も防いでくれるのでおすすめです。

 

妊娠線ケアにおすすめのオーガニック製品

 

妊娠線ケア用のマッサージクリームにはオーガニック製品と呼ばれるものがあります。
妊娠線ケアにクリームの使用はとても効果的なので取り入れてみましょう。

 

オーガニック製品は赤ちゃんの肌にも使えるくらい優しくて安心というイメージがあります。
しかしオーガニックならすべて安心とは言い切れません。
通常、有機栽培された原料を使っているものをオーガニック製品と呼びます。
日本では1種類でもオーガニックの原料が含まれるとオーガニック製品と表記できます。
そのためオーガニック製品の中には合成界面活性剤や着色料、香料などの天然由来ではない原料を含むものがあります。
せっかくなら本当に無添加でオーガニック成分の配合の割合が高い製品を選びたいものです。
そのためには購入前に製品に含まれる成分をきちんとチェックすることが大切です。

 

いちばんおすすめのオーガニック製品は?とよく聞かれますが、
その答えは妊婦さんのために開発されたオーガニック製品、と言えるでしょう。
妊婦さんの肌はとても敏感になっているので赤みやかぶれなどの肌トラブルを起こしやすい状態です。
そのため妊婦さん向けに開発された製品は低刺激で安心して使えます。
しかしすべての人にアレルギー反応が起きないとは言い切れません。
もう一度書きますが、普段は皮膚が丈夫な方でも妊娠中はホルモンのバランスの乱れにより肌が弱くなっています。
口コミなどのおすすめ情報などを過信せずにサンプルやトライアルセットを利用したり、説明書をよくチェックしましょう。
また使用前にはパッチテストを行って肌に合うことを確認してから使用するようにしましょう。

 

妊娠線ケアに使うオーガニック製品は賢く、正しい知識で選びましょう。