妊娠線 芸能人

妊娠線のできない芸能人の秘密とは?

最近、ママになっても芸能生活を続けている女性芸能人の方が増えています。
小倉優子さんや木下優樹菜さん、スザンヌさんなどママと仕事を両立して活躍しているモデルさんや女優さんなどたくさんの方が活躍しています。
良きママとして子育てを頑張っていながらもほしのあきさんや熊田曜子さんのようにグラビア復帰する方や妊娠前と変わらないスタイルでモデルとして雑誌に引っ張りだこの梨花さんやSHIHOさんのようなママモデルもたくさんいます。
その変わらぬ美しさに思わずため息が出てしまいます。

 

「芸能人って出産してもなんであんなに綺麗なんだろう?」
「妊娠線ができないのは何故?」
「なにか秘密があるの?」
「妊娠線予防の対策を教えて!」

 

そんな疑問を解決するために、今回は芸能人に妊娠線ができない秘密に迫ってみたいと思います!

 

芸能人の妊娠線対策の秘密はクリームにあり?

テレビや写真の仕事など、人に見られる職業である芸能人は、一体どのような妊娠線ケアを行っているのでしょうか。
出産をしても、芸能人はどうして妊娠線ができないのでしょうか?秘密の対策があるに違いありません。

 

芸能人が実践している妊娠線対策。
その真相は、実はクリームやオイルにあります。

 

近年、ママになった芸能人のブログを見るとみんなに共通して言えるのは妊娠線対策専用のクリームやオイル、ジェルを複数使っているということです。
1種類のクリームを毎日使うというのが一般的ですが、その常識を覆し、芸能人のみなさんはいくつも揃えて使い分けしているのです。
その日の肌の状態に合わせて使い分けるというのが芸能人の妊娠線対策の秘密です。

 

ですが使用しているクリームやオイルは、意外にも一般的なアイテムが多いです。
愛用のクリームやオイルの代表的なものを挙げると、「ストレッチマーク」「プラジェントラ」「WELEDA」「クラランス」「バイオイル」「かたつむりクリーム」などです。
一般の私達でも1度は耳にしたことのあったり、使ったことがあるような有名なオイルやクリームです。

 

しかも安く簡単に入手が可能な製品で人気があるものばかり。
芸能人でも妊娠線対策のクリームを選ぶときは先輩ママの口コミを参考にしているようですね。
惜しまずにたっぷり塗るのが第一の秘策。

 

また、体調や肌の状態に合わせて塗る量やタイミングを変えているようです。
妊娠中は体調や肌に変化が起きやすい時期です。
こういった「自分との対話」が妊娠線ができないためのいちばんの対策のようです。

 

それでは芸能人ママさんが使っているアイテムをご紹介します!

 

ベルタマザークリームの特徴
ベルタマザークリームは無添加なので健康や安全が気になるママはもちろん、美容に関心の高い芸能人のママからも愛用されている妊娠線ケアクリームです。 オーガニックの原材料をはじめ、葉酸を含んでいるので綺麗なお腹を保つことができるスグレモノです。
価格
初回限定500
評価
評価5
備考
買い切り価格6980円
ベルタマザークリームの総評
予防はもちろん、お腹のゴワゴワ・くすみができてしまっても効果を実感できるので産後のママにもおすすめです。

AFCストレッチマーククリームの特徴
「AFC」が販売している妊娠線予防&対策クリームです。 諦めていた妊娠線除去にも効果が期待できます
価格
2980
評価
評価5
備考

CRARINS(クラランス) ストレッチマーククリームの特徴

愛用芸能人

  • 木下優樹菜さん
  • 東原亜紀さん
価格
4,580
評価
評価5
備考

Weleda(ヴェレダ) アルニカ マッサージオイルの特徴

愛用芸能人

  • 梨花さん
  • 木下優樹菜さん
  • 小畑由香里さん
  • 大堀恵さん
価格
2200
評価
評価5
備考

エルバビーバSTMクリーム(ストレッチマーク)の特徴

愛用芸能人

  • 小倉優子さん
  • 大堀恵さん
価格
3400
評価
評価5
備考

Bioil バイオイルの特徴
愛用芸能人
  • 東原亜紀さん
価格
2640
評価
評価5
備考

CLARINS(クラランス) ボディオイル クラランストニックの特徴

愛用芸能人

  • 優木まおみさん
価格
4980
評価
評価5
備考

 

 

キレイの秘密は芸能人の美意識の高さ

スタイルが商売道具の芸能人。
その美意識の高さは言うまでもありません。

 

芸能人に妊娠線ができないのではなく芸能人は妊娠線を作らない努力をしていると言えるでしょう。

 

作らない努力と言っても普通のママは妊娠中の出産準備や出産後の赤ちゃんのお世話で忙しく、そんな中で美しくあるための努力をするのは至難の技と思われるかもしれません。

 

でも、時間がないのは芸能人ママでも同じではないでしょうか?
きっと忙しさの合間に時間をみつけて頑張っているのです。

 

そして妊娠線対策を秘密にせず、どんどん情報発信しくれています。

 

妊娠線は作らないことが大事です。
そしてもしできてしまったとしてもそのあとのケアが大事です。

 

日々のちょっとしたケアで肌は変化していきます。
私には芸能人の真似は無理!と諦めずに少しだけ美意識を高めてキレイになる努力を行ってみるのも良いでしょう。

 

芸能人が愛用中の妊娠線対策&予防クリーム一覧


芸能人は妊娠線がなんで出来ないの?

産休明けに仕事復帰した芸能人ママ。妊娠線がなんで出来ないの?どうしてあんなにキレイなの?

 

産休明けに仕事復帰した人気芸能人ママ。
毎日育児に追われているとは思えないほどとてもキレイですね。
雑誌インタビューやブログに投稿された内容からその秘密を探ってみましょう。
芸能人に妊娠線がなんで出来ないのか!?
果たして特別な秘密があるのでしょうか?

 

芸能人篠原涼子さんの妊娠線対策の秘密は?

篠原涼子さんのトリンプのCMには驚きました。
真っ赤なブラに白シャツを羽織った出で立ちはとても2児のママには見えませんね。
あのペッタンコで引き締まりしなやかに腹筋の割れたお腹はどうやって手に入れたのでしょうか?
じつは篠原涼子さん、去年次男を出産後に16キロもの減量を行ったそうです。
かなりストイックにダイエットに励んだそうです。
まさにプロ根性といえますね。
私にはとても真似できません。(笑)

 

さらに気になるのは肌がとてもキレイなこと。
特にお腹はCMを見る限り妊娠線がひとつも見当たりません。
一体どのように予防したのでしょうか?

 

彼女はブログを書いていないので、私生活はあまり公になっていません。
なので篠原さんの妊娠線の予防方法は謎に包まれています。
普通、妊娠線は経産婦にできやすいとされており、2人目を出産した彼女に妊娠線ができる可能性は極めて高かったはずです。
しかし、彼女には妊娠線が出来ませんでした。

 

「篠原涼子の私生活をまとめた手記が出る」との噂も長いあいだくすぶっているのですが、なかなか出版に至りません。

 

いつまでも若くキレイな彼女の私生活を垣間見たい女性は多いはずなのですが・・・。

 

芸能人・吉瀬美智子さんの妊娠線対策とは?

2013年7月に出産した吉瀬美智子さんもストイックな産後ダイエットに励んだそうです。
10日間、発酵玄米しか食べないなどのかなり過酷な食事制限を行ったそうです。
2014年1月には日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞し、産後間もないとは思えない以前と変わらぬスタイルと美貌で公の場に姿を現しました。
また産後半年余りでファッション雑誌の表紙を飾りました。
表紙では左側のキレイにくびれたウエストラインを拝めます。
こちらも妊娠線の存在は感じさせない美しい肌です。

 

吉瀬さんのブログ「輝くレシピ」では、美肌ケアとして彼女自身がCMを務めるニベアのプレミアムボディミルクで保湿を欠かさないようにしていると書いています。
妊娠中も毎日ニベアでスキンケアを欠かさなかったのかもしれませんね。

 

キレイでいて当たり前の芸能人。
たとえ出産しても以前のようなプロポーションであり続けることを求められています。
そう考えると芸能人に妊娠線が出来ることは仕事を失うことになりかねない一大事。
なんで妊娠線が出来ないのか、予防に成功するのか、それは芸能人の危機感がなせるワザなのかもしれませんね。

 

一般人だとなかなかそこまでの危機感は持てません。
ですが、もし妊娠線が出来てしまったとしても大丈夫。
AFCのストレッチマーククリームは出来てしまった妊娠線にも働いてくれます。
妊娠前のツルツルだったお腹を蘇らせることも夢ではありません。

 

 

芸能人は正中線ができただけでとても気にする

妊娠線は予防をしなければ芸能人でもできる!元アイドルなのに妊娠線ができたという方もいるのです。

 

お腹に茶色い線が出たことをブログで伝えているのが元AKBの大堀恵さんです。
妊娠中、お腹が大きくなりだすとおへそから真っ直ぐと下に伸びる茶色の線が出てきます。
これは正中線といって出産後に消えていくもので、妊娠線とは全く別のものです。

 

ホルモンの影響で、お腹の中心部分にメラニンが集中して茶色く線のように見えてしまうのだとか。
この正中線を妊娠線と間違えて慌ててしまう妊婦さんは多いようです。
大堀さんも驚かれたようですが、妊娠線ではないとわかり安心されたようです。
そしてブログに妊娠線は出来ていないと書いてあります。
彼女はお風呂上がりに毎日たっぷりの妊娠線用のクリームを塗っているそうです。
そのため8ヶ月で体重が8キロ増加しているにも関わらず妊娠線は出来ていないそうです。
さすがは元アイドルの大堀さん。
妊娠線や体重のことをとても気遣って生活している様子が伺えます。
産後のダイエット宣言をもうすでにブログ上でしています。

 

妊娠線ができてしまったら

妊娠線のケアに余年のないアイドル芸能人が多い中、妊娠線ができた元アイドル芸能人がいます。
元モーニング娘。の市井紗耶香さんです。
大堀さんと同様、元アイドルの肩書きを持つ彼女ですが、自身のブログで妊娠線のできたお腹の画像を公開しています。
市井さんは3人お子さんがいらっしゃいます。

 

1人目の時、2人目の時いずれも妊娠線が出来てしまったようです。
3人目はさすがにもう妊娠線が増えることがないだろうと油断していたところおへその上の方に新たな妊娠線が出来てしまったようです。

 

市井さんは妊娠線予防にクリームを塗っていなかったそうです。
アイドル時代から自然体なキャラクターだった彼女。
妊娠線のことなどあまり気にしていなかったのでしょうか。

 

妊娠線のできる、できないの分かれ道はやはりきちんとしたケアや体重管理それから適度な運動を行ったのかそうでないのかで大きく変わるようです。
妊娠線の予防に成功したのはアイドルだからとか芸能人だからというわけではなく、厳選したクリームやオイルで適切な肌のケアを行い、自分を大切にしたからなのです。

 

また、経産婦の方はできやすいと言われています。
1人目にできなかったから私は妊娠線ができない体質だと油断すると2人目でできてしまうことも考えられます。

 

妊娠中は肌の再生力が低下すると言われています。
放っておけば、肌は傷つきやすい状態になり妊娠線ができてしまう可能性も高まると感じます。
ターンオーバーを活発にする手助けをしてくれる妊娠線予防対策クリームはプレママたちの必須アイテムと言えるでしょう。

芸能人ブログから学ぶ妊娠線予防法

芸能人ブログはには妊娠線予防の情報が盛りだくさん。妊娠線予防は芸能人ブログから学びましょう。

 

芸能人ママのブログには妊婦さんに是非とも参考にして欲しい妊娠線予防の情報がたくさん掲載されています。
芸能人ママ達は惜しみなく実際に実践した妊娠線予防の方法をブログで紹介してくれているのです。
この情報を活用しないワケにはいきませんよね。

 

最近の芸能人ママさん、産休ギリギリまで忙しく働いています。
そんなに忙しく働いていて妊娠線予防に取り組む時間なんてあるの?
と不思議に思いませんか?
どうして妊娠線予防に成功しているのか?
今回はその成功の理由に迫りたいと思います。
彼女たちのブログから学んだ、芸能人ママたちが実践している妊娠線予防法や情報をここでご紹介していきます。

 

妊娠線予防のケア用品を厳選

妊娠線予防に欠かせないことは皮膚の保湿です。
乾燥した皮膚は弾力を失い真皮部分が断裂しやすくなります。
保湿して皮膚を柔らかい状態に保つことが妊娠線予防につながるのです。
そのためにはしっかりと潤いを与えてくれるケア用品を選ぶ必要があります。
妊娠線予防はだいたい妊娠3〜4ヶ月から始めます。
妊娠後期が最もできやすい時期になるため入念にケアを行います。
初期から後期にかけて妊娠線のできやすい場所も異なってくるのでケア用品を選び直すことも必要になってきます。

 

芸能人ブログからわかるおすすめケア用品

芸能人は常に美しさに磨きをかけるためアンテナを張っています。
美容の専門家ともいえますよね。
日々、最新の情報を入手し、美しさをキープし続けている彼女たち。
そんな芸能人ママたちが選ぶケア用品は確かな品質のものばかりと言えますね。

 

そこで、芸能人ブログからケア用品の情報を集めてみました。
今回は代表的な妊娠線予防のクリームやオイルの愛用者をお伝えします。

 

CRARINS(クラランス) ストレッチマーククリーム

愛用者
  • 木下優樹菜さん
  • 東原亜紀さん

価格:4,580円

>> ご購入はこちらから

エルバビーバSTMクリーム(ストレッチマーク)

愛用者
  • 小倉優子さん
  • 大堀恵さん

容量:125g
価格:3600円

>> ご購入はこちらから

エルバビーバ STMオイル(ストレッチマーク)

愛用者
  • 小倉優子さん
  • 大堀恵さん

容量:125ml
価格:3400円

>> ご購入はこちらから

Weleda(ヴェレダ) アルニカ マッサージオイル

売れてます!
愛用者
  • 梨花さん
  • 木下優樹菜さん
  • 小畑由香里さん
  • 大堀恵さん

容量:100ml
価格:2200円

>> ご購入はこちらから

Bioil(Bio-Oil)(バイオイル) バイオイル 125ml

売れてます!
愛用者
  • 東原亜紀さん

容量:125ml
価格:2640円

>> ご購入はこちらから

CLARINS(クラランス) ボディオイル クラランストニック

売れてます!
愛用者
  • 優木まおみさん

容量:100ml
価格:4980円

>> ご購入はこちらから

何もひとつのケア用品に絞る必要はありません。
芸能人ブログからもわかるように妊娠線予防にケア用品をいくつか使い分けている方が多いです。
クリームやオイル、タイプの違ったものをいくつか試してみて、使い心地の良いものを選んでみてはいかがでしょうか?

 

当サイトでおすすめしているストレッチマーククリームは、非常にリラックス効果の高くベタつきの少ないクリームです。
他社のオイルやジェルとの併用もできます。

モデル・芸能人の妊娠線対策法

 

芸能界で仕事をされているモデルさんや芸能人の方々は、出産をしてもグラビアや写真のお仕事を継続している人が多くいらっしゃいます。
妊娠、出産をしても何故美しいお腹を維持できているの?と疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

 

見られる仕事の方は、妊娠でお腹が大きくなった関係で妊娠線ができてしまった場合、その後の仕事にも影響したり、自分自身が気になってしまってストレスを感じるなどの弊害が生まれてしまいます。
だからこそ、妊娠線をできないためにしっかりと予防と対策を行っておく必要があります。

 

女性芸能人やモデルさんの気になる妊娠線予防法を調査しましたので、このページでご紹介していきます!

 

モデルに妊娠線はありえない!?

肉割れや妊娠線を絶対に作ってはいけない職業といえば、モデルですね。

 

しかし最近のモデル業界では画像を修正する技術があって、少々の肉割れや妊娠線、シワ、シミなどは消してしまえるそうです。
だけど、画像の修正は読者にすぐ気づかれます。
だからどんなに技術が進歩してもやっぱり画像を修正する必要のないくらいツルツル、スベスベなキレイな肌を持つモデルさんが圧倒的に人気があるみたいです。

 

妊娠や出産を経験してもキレイなモデルさんが取り組んできた妊娠線の予防について学んでみましょう。

 

モデルさんが妊娠線予防に使っているクリームは?

ママモデルとして活躍する傍ら、収納タレントとしても活動している仁香さん。
仁香さんは、妊娠中に良いとされていても不安があったそうでボディクリームは使用しておらず、クラランスのオイルだけ愛用していたそう。それでも妊娠線ができなかったそうです。

 

読者モデルの春名亜美さんは妊娠中にWELEDAを愛用していたそうです。
妊娠前からもWELEDAが好きで、妊娠線に効果的なものをシリーズで色々揃えたそうです。

 

雑誌雑誌「non-no」で活躍し、現在はママモデル、デザイナーとして活躍している森貴美子さんはエルバビーバを愛用していたそうです。
彼女曰く、予防のクリームはトイレに行くくらいまめに塗ったほうが良いとのこと。
しかし、森貴美子さんは不覚にも妊娠線が出来てしまったそうです。
そのため、産後に身体を引き締めるために「Adolle」という痩身ジェルを使ってマッサージをするときにお腹にもよーくすり込んでいたところ、妊娠線が薄くなったのだとか。
また、素肌革命ナイトケアホワイトリッチという美白クリームもお腹に塗って妊娠線をさらに薄くすることに取り組み続けているそうです。

 

ママモデルの妊娠線予防への取り組み

ママになったモデルさん達はお仕事と子育てを両立しながら、身体のケアやお手入れの時間をうまく確保しているようです。
彼女たちに共通していえることは出産前より産後の今の方がずっとキレイだということ。
妊娠線の予防だけにとどまらず、忙しい毎日を丁寧に生活している彼女たちのライフスタイルや美容法は是非とも参考にしたいところです。

 

妊娠中でなくてもモデルさんは妊娠線用のクリームやオイルを愛用している

普通のクリームより保湿性に優れ、低刺激な妊娠線予防に効果的な妊娠線用のクリームやオイル。
それらを妊娠中でなくてもボディケアに愛用しているモデルさんはとても多いようです。

 

道端アンジェリカさんもそのひとりで、妊娠線予防に人気のバイオイルやWELEDAのクリームなど
色々な製品を取り入れてお風呂上がりの濡れたままの身体に塗りこんでいるのだそう。
幼い頃からモデルとしての英才教育を受けてきた道端アンジェリカさん。
肌の保湿にはかなりこだわっていてボディケアや食事にはしっかりと取り組んでいるそうです。

 

小さなお子さんのいるママはとても忙しいのでそこまでは真似ができないと思いますが、厳しい目を持つ彼女の選んだ製品には間違いがないと思います。
是非参考にしてみてください。

 

 

 

モデル愛用の妊娠線予防のクリーム【妊娠線予防クリーム】

人気のモデルさんが愛用している製品を一挙ご紹介!

 

木下優樹菜さんの妊娠線予防法は?

木下優樹菜さんのブログからわかる彼女の素顔

 

以前おバカキャラで有名になった木下優樹菜さん。
臨月で海水浴をして大バッシングを受けたこともあってヤンキーとか自由、破天荒といったイメージがある彼女ですが、ブログの読者は5万人を超え、若い女性から絶大な支持を得ています。

 

出産後はお子さんとの出来事や旦那さんの藤本敏史さんとの仲睦まじい様子がわかる記事をアップしていて、だんだんと子育て中の女性からの支持も増えているようです。

 

そんな話題に事欠かない大人気の木下優樹菜さんの妊娠中の生活をピックアップしてみました。
また、産後もビキニで海水浴に行けるほどスタイル抜群の木下優樹菜さん。
なんとも羨ましい限りですね。
そんな彼女の産後のダイエットや育児の様子についてもまとめてみました。

 

最近のブログの画像を見る限り、まったく妊娠線はありません。
妊娠前は身長168センチ、体重54キロ。
モデルさんにしては体重が重たい気がします。
しかし、背が高いことや彼女が筋肉質だからかもしれません。
筋肉は脂肪より重たいので一見とてもやせているように見えても体重がある人もいます。
ダイエットは体重よりも見た目が大事とは、よく言ったものです。
でもその筋肉質である彼女の体質が妊娠線ができなかった大きな要因に思います。

 

妊娠中、「初心者でなにもわからない」と妊娠線についての知識は何もなかったようです。
でもファンの方が送ってくれたCRARINSとWELEDAとorbavivaの妊娠線予防のオイルやクリームを使い肌のケアを行っていたようです。
マッサージの仕方も頂いた本で学び、藤本敏史さんにマッサージしてもらっていたそうです。

 

また、木下優樹菜さんは、妊娠中に体重が8キロ以上増加したようです。
でも産後のダイエットに一生懸命取り組んだ様子はうかがえません。
それでも妊娠前よりもずっとスリムになったように感じます。
カフェインフリーのタンポポ茶を愛飲したり、スムージーを作ったり、油なしで調理できる家電を使って調理したり、知らず知らずに身体に良いことを取り入れて生活されたようです。

 

また、洋服を何も着ていない状態で体重計に乗るのを習慣にしているようです。
そういった行動が知らず知らずにダイエットにつながっているように感じます。
モデルといった職業柄、自然とスタイルを保つための方法を身体が覚えているようです。

 

産後2ヵ月でお仕事復帰し、育児と両立している木下優樹菜さん。
そんな忙しい生活で彼女にも人知れず苦労があったに違いありません。
でも毎日をとても楽しみながら生き生きと生活し、とても輝いています。
彼女のブログを見る限り、産後の彼女の生活はお子さん中心でとても良いママです。
すごく子育てを楽しんでいて彼女らしい生き方をしているなと思います。
ストレスを上手に発散しつつ、自分らしく生活することが産後も輝き続けられる秘けつなのでしょう。

 

 

木下優樹菜さん愛用クリーム
CRARINS(クラランス) ストレッチマーククリーム
価格:4,580円

 

木下優樹菜さん愛用オイル
Weleda(ヴェレダ) アルニカ マッサージオイル
価格:2,200円

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る